⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る


⇒もっと見る

⇒もっと見る


⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

大丸あすなろ荘

大丸あすなろ荘

南会津の山の奥、二岐温泉は、ブナの原生林に囲まれた山深い温泉地です。平安時代、969(安和2)年の政変で皇位継承に敗れた宮人が、薬湯を求めて訪ね、現在の元湯自噴泉甌穴風呂(もとゆじふんせんおうけつぶろ)を発見したと伝えられます。

数ある温泉宿の中でも、歴史の古さは折り紙つき。柔らかい、肌触りの良い100%の源泉かけ流しは、何度も訪れるファンがいるほどです。特に湯舟の底からぷくぷくと湧き出る温泉は、ぜひ一度は体験したい珍しいものです。また、全室バス・シャワートイレ付きと設備も充実。秘湯にありがちな不便はありません。自然の懐に抱かれたような、安らぎのひとときが味わえます。

何より忘れがたいのは、お宿の皆さん。日本人が忘れかけた「おもてなし」の精神を、私たちに教えてくれます。自然と寄り添う生活は、時に厳しく、主あるじは、長い年月には、宿を閉めようと考えたことが何度もあるとか。自然の厳しさと優しさを、身をもって知るからこそ教えてくれる「おもてなし」の精神です。

宿の宝は、まさに「人」。どんなに遠くて大変でも、帰る時には必ずや笑顔を約束してくれる、そんな奇跡の秘湯です。



二岐温泉・福島

福島県岩瀬郡天栄村湯本字二俣5





温泉使用量 240L/分
源泉温度  42 〜 57 度
加水・加温 一部加温あり
泉質    カルシウム-- 硫酸塩泉
利用形態  源泉かけ流し




【交通】JR東北新幹線新白河駅下車、
    13時20分発のバス「湯ったりヤーコン号」で90分。


▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

自家製太打麺 勢拉
プレセンテ
クランペット
ほっとキッチン
(9月15日掲載)ラ・バンビーナ