⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る


⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

我子目線(以心伝心)


以心伝心




「ふと思い出した友人から手紙が届く」とか、「同じタイミングで相手からもメールが来る」など、日常でこんな「以心伝心」がよく起こる。だが、娘との以心伝心はこれまでのものとはちょっと質が違う。なんというか「筒抜け状態」に近いのだ。
 
たとえば「今日は○○公園に連れて行こうかな」と思っていると「○○コウエン行ク!」と言ったり、「あそこのお店の名前はなんだっけ」と考えていると「アサヒストア」と答えたり。
私、声に出してた!?と驚くことが多々ある。
 
こんなこともあった。 夫が事故に遭い、泣きながら必死で夫の名前を呼ぶ……という悪夢を見た。
 
ハッと目が覚めるとその瞬間、娘はスクッと立ち上がり、横で寝ている夫に向かって歩き出した。そして耳たぶをぷにぷにと触ったあと、ばたり、と再び眠ったのだ。私の夢の中での叫びが娘に届いたらしい。
 
まさか夢の中まで?と驚いた出来事だった。



とはいえ娘が2歳7カ月になった今、以心伝心の頻度は以前より少なくなっている。
 
少し前までは「もしかして超能力者?」と思うほどだったが、最近はたまに伝わる程度。
 
娘は言葉が早かったので、伝わり具合がよく分かったけれど、親が頼りの赤ちゃん。みんな言葉にできないだけで、幼い頃はそんな親の心を読み取る能力を持っているのかもしれない。 子どもの持つ力に感動しつつ「心の中でもきちんとした親でなければいけないなんてちょっと肩がこる……」と思ってしまった母なのだった。


▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

おうちカフェ 花楽里
自家製太打麺 勢拉
クルトの店
清本園 本店
遊蕎心 泰庵