⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る


⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

我子目線(弁当交流)

弁当交流




ワコが通っている幼稚園には夏休み期間中も働く親のために預かり保育がある。いつもは給食だけど、この期間だけは、弁当を持って通園している。

よく食べるワコなので「今日もピッカリンコでーす!」と毎日、空っぽの弁当箱を見せてくれる。

なのに最近、弁当箱が空っぽじゃない。残しているのではなく、入れていないものが入っているのだ。ある日はブドウの皮。別の日はバラン。そして昨日はミニゼリーの容器……。

ワコに聞いてみると「お隣に座ったおねえちゃんがくれたの!」「『これ(バラン)いらないからあげるよ』ってくれたの」「○○ちゃんがゼリー三つあるから一つくれたの」。お弁当タイムに色々交換しているんだね!

とても楽しそうでいいんだけど、お母さんはちょっと心配。「ちょうだいちょうだい」って、一方的に言ってお友達を困らせたりしていないかな。

そこでお友達のお母さんに尋ねてみた。すると「うちの子もワコちゃんに黒豆もらったって喜んでました!」との返事。

あらそうなの!?良かった、ちゃんとギブアンドテイクなお付き合いができているんだ。

ちょっと前までは自分のものをお友達に分けてあげられなかったのに、いつの間にかできるようになっていたんだね。思わぬところで成長を確認。

今朝もせっせと弁当作り。お友達との交流がうまくいくよう、今日も黒豆を多めに入れておきました。




▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

ミルフィーユ
プレセンテ
肉の橋山
(12月15日掲載)パン屋 dodo
清本園 本店