⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る


⇒もっと見る

⇒もっと見る


⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

皆さんは母子感染をご存じですか?「風しん抗体検査」

皆さんは母子感染をご存じですか?「風しん抗体検査」


『全国的な制度とし、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象に、風しん抗体検査及び予防接種法に基づく風しんの定期接種を実施しています。千葉市においても、前記の間に生まれた方に、まず風しんの抗体検査を受けていただき、その結果、風しんの抗体価が低かった方に対して、風しんの予防接種を受けていただくことになっております(抗体検査及び予防接種とも無料)。』
 
ということで、当ASAスタッフも対象男性社員は、受診しました。「何と言っても、無料でできるし、クーポンも配布されているので、煩わしさもなく簡単に抗体検査できました。(当ASAスタッフ)」と。千葉市の場合は、平成31年度中に優先的に実施する方(昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた方)へは、千葉市からクーポン券が令和元年5月31日に送付されています。(※昭和37年4月2日〜昭和47年4月1日生まれの方は、令和2年に送付されます。)まわりができること、キチンとやっておく。こういうことは、本当に大事ですね!

・朝日新聞関連記事 2019.5.8社説、2019.4.25、5.24、6.18、6.20

感染力強い風疹ウイルス、胎盤を通って赤ちゃんに
特に怖いのは風疹です。妊娠20週までに妊婦が風疹ウイルスに感染すると、生まれてくる赤ちゃんに障害が残る「先天性風疹症候群」になることがあります。風疹ウイルスは胎盤を通って胎児に感染し、主に目の網膜、耳の神経、心臓で増えて、白内障や難聴、先天性の心臓の病気を起こします。

感染しやすい30〜50代男性、抗体検査やワクチン接種を
特に30〜50代の男性は風疹ウイルスに対する免疫(抗体)を持っている人が非常に少なく、感染しやすい状態にあります。そのため、女性も男性も妊娠を考えたらまず風疹ワクチンの接種を検討してください。そして、妊娠中の女性の家族は今すぐワクチン接種を検討してください。

…朝日デジタル4.25記事より抜粋



(厚生労働省ポスター)


▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

プレセンテ
(10月14日掲載)中華一元
遊蕎心 泰庵
アジアンマーケット ガルラ
東右工門