⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る


⇒もっと見る

⇒もっと見る


⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

HiBiITA(7/8〜8/7)



朝日新聞朝刊1面にある「折々の言葉」から選ぶあなたの心に響いた言葉。

今月は、7/8〜8/7中から選ばれた2点をご紹介いたします。次月は、8/8〜9/7からどれか一つお選びいただき、それを選んだ理由を添えて投稿ください。投稿いただいた皆様全てに「折々の言葉」スクラップブックをプレゼント!また、ご掲載させていただきました折には、粗品をお届けいたします。


応募者全員にプレゼント 
『折々のことば スクラップノート』



8/8〜9/7分の応募締切は9/14まで
ご応募はこちらから


折々の言葉1524 2019.7.18

親って自分が言ってることと、やってることが一致してないのが問題だと思います。

かめおか子ども新聞



●鷲田さんのことば
京都府亀岡市で発行されている「書くのが子ども、読むのが大人」という新聞。悩みの相談コーナーでは、「最近私が注意したり、叱ったりすると矛盾を的確に突いてくる5歳の娘に閉口しています」との相談にこの回答。「滝に打たれたりして自分を見つめ直して」ください、と続く。夏休み、子どもに背中を見られる時間が増えますよ。『はい!こちら子ども記者相談室デス!』から。 (鷲田清一)

【選んだ理由】
ほ・ん・と・うに、その通りだと反省!子供も17才・21才にもなると、もう背中を見られることもなくなってくるのかなあ。
天台 Oさん


折々の言葉1516 2019.7.9

「始末」とは、文字通り「始まり」と「終わり」のことである。それは物の始まりと終わりに、自分が生活の中で責任をもつことだ。

堀畑裕



●鷲田さんのことば
日本の衣服はほとんどが外国製。素材の自給率はほぼゼロ%。買値よりクリーニング代の方が高いからと、新しい服に買い替えるような文化は異様だと、ファッションデザイナーは言う。自ら糸を紡ぎ、織り、縫い、ぼろになったら雑巾にしたり、裂いてよこ糸にしたり、「大切に使い切る」ことからやり直したいと。『言葉の服』から。 (鷲田清一)

【選んだ理由】
物を大切にする。粗末にしない。もちろん食べ物も。捨てたらゴミが増えるだけ。無駄にしないように、頭を使って大事にしていこう。活かして使おう!

椿森 Yさん


▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

遊蕎心 泰庵
おうちカフェ 花楽里
(12月15日掲載)パン屋 dodo
ミルフィーユ
(9月15日掲載)ラ・バンビーナ