⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る


⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

花散歩3月8日号掲載


サンサン隊が歩いてみつけた!
花散歩




暖冬とは言え、冬は、やはり冬。寒い中の散歩は、出会える花々も限られています。期せずして、ヒヨドリが舞い、山茶花で戯れるメジロやウグイスのチャッチャッという警戒した地鳴きを聴くなど冬の花散歩ならではの楽しみがあります。

一月下旬、緑化植物園の「シモバシラ」の情報をいただき、3日間通いましたが、日が悪く、カメラに収めることができませんでした。そこで、長年観察しているT氏にご協力をいただき、声のコーナに写真を掲載していただきました。きっと初めてごらんになる方も多いのではないでしょうか。「シモバシラ」という植物、冬枯れの根元に水分を蓄え、気温の低い日にできるものです。まるで綿毛の花が咲いているように見えますね。



〜花言葉〜

「ガーベラ」 = 神秘
キク科ガーベラ属
多年草
別名:アフリカセンボンヤリ
原産地:南アフリカ

【参考】
日東書院「花の名前522種」浜田豊・著
大泉書店「花の名前事典」浜田豊・監修


撮影:1月下旬〜2月上旬


花散歩ポストカードをポイントでプレゼント中!
→応募はコチラ

※写真をクリックすると拡大画像がみられます。


@桜(六方町)


A菜の花(作草部)


Bカニバサボテン(新町)


Cガーベラ(登戸)


Dカラタチ(汐見丘町)


E福寿草(轟町)


F水仙(千草台)


Gチューリップ(船橋・アンデルセン公園)


Hイソギク(春日)


Iオウバイ(天台)


J山茶花(新千葉)


Kフキノトウ(愛生町)


Lアツバキミガヨラン(ユッカ)(弁天)


Mゼラニウム(黒砂)


Nビデンス、ゴールデンエンパイア(黒砂台)


Oハラン(六さんの森(源町))


▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

Vege-Pal(ベジパル)
プレセンテ
(10月14日掲載)中華一元
北京亭
クランペット