⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る


⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

熱中症にもご注意を!〜水分摂取を心がけてください

<正しく知ろう 新型コロナ>
熱中症にもご注意を!〜水分摂取を心がけてください


初夏に入り、新型コロナ対策としてマスクの着用が定着する中で、例年以上に熱中症に対し注意が必要になります。医療や福祉の専門家で作る「教えて!『かくれ脱水』委員会」による緊急提言で、マスク着用に関する注意点を挙げています。
 
常日頃マスクをつけて過ごしていることで、体内に熱がこもりやすくなってしまいます。常にマスクをしたままの人であれば、口渇の鈍化(マスク内の湿度があがっていることで喉の渇きを感じづらくなる)傾向にある可能性もあり、もともと喉の渇きに気づきづらい高齢者はますます気づきづらくなり、知らないうちに脱水が進み熱中症となってしまうリスクも高まります。また、マスクを外してはいけないという思いから、気づかないうちに水分補給を避けてしまうことも脱水の一因になりえるでしょう。
 
多くの方が外出自粛をしていたことにより、汗をかいていない、運動をしていない傾向にあり、暑熱馴化(身体の機能が暑さに慣れて、汗をかいて体温を下げる等の対処ができること)ができていなく、筋肉量が減っています。筋肉は身体に水分を貯めるもっとも大きな臓器なため、筋肉量が少ないと保持できる水分量が少なくなり、脱水になりやすいともいえます。脱水状態だと、摂取した栄養素が造血細胞に届かずに、免疫力が低下する可能性があります。

@3食きちんと食べる。
A喉が渇いたなと感じ始めたら水分摂取する。(多量のカフェイン摂取は控えましょう)
B水分補給が十分できない時のために経口補水液(※下記参照)を、家族1人2本×3日分、常備する。
Cクーラーをすぐ点けられるよう調整しておき、暑いと感じる環境にいない。
D換気をこまめにし、湿度も高くならないように注意しましょう。
 ※温度・湿度は、環境省が毎日発表している暑さ指数(※WBGT)もチェックしましょう。
E快適な環境でよく睡眠をとる(疲労も熱中症リスクになります)
F人混みを避けた散歩や室内での軽い運動を行う


コロナ禍の中でも千葉を彩る花々。例年だと、今年はどこに行こうか悩むのですが…。今年は”開催”すらしていないところもあります。”選ぶ”ことが出来るのは、「幸せ」なんだなと、あらためて気づかされました。地域の商店、すべての人が一歩を踏み出しました。今日はどの店へ行こうか、家族や友と相談し、「笑顔」でむかえてくれる店主と会える日は間もなくです。

●暑さ指数(WBGT)とは?
暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的とした指標。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい @湿度、 A日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 B気温の3つを取り入れた指標です。
環境省 WBGT サイト
https://www.wbgt.env.go.jp/wbgt_data.php

●経口補水液の作り方
経口補水液は、薬局や病院内の売店などで良質なものが廉価で購入できます。簡単に買えて、水分と塩分を素早く補給でき、初期の脱水状態からの回復に役立つ便利な飲料です。
家庭にある材料でも作ることが出来ますので、市販の経口補水液が手に入らない場所にいるときのために覚えておくと便利です。

■家庭で出来る経口補水液の材料(分量は正確に)


・砂糖(上白糖)・・・20〜40g(大さじ2と小さじ1〜大さじ4と1/2)
・塩・・・3g(小さじ1/2)
・水・・・1L
・レモンなど・・・適宜

※この方法は、あくまで手元に経口補水液がない場合の緊急的な対処として作る方法です。この方法だと、脱水時に不足するカリウム(K)をほとんど摂取することができず、炭水化物の含量が高くなっています。
※作った簡易経口補水液は、その日のうちに飲みきってください。

2歳未満「マスクしないで」
日本小児科医師会は、2歳未満の子どもにはマスクは必要ないと発表しました。呼吸がしにくくなり、窒息や熱中症のリスクが高くなると指摘しました。(朝日新聞 2020.5.26朝刊より)

学校の体育「マスク不要」
スポーツ庁は、学校の体育の授業で(子ども同士の間隔を2m以上確保するなど対策した上で)マスク着用は不要と全国の教育委員会などに出しました。十分な呼吸を確保し、熱中症にならないためです。(東京新聞 2020.5.22夕刊より)


▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

おうちカフェ 花楽里
(10月14日掲載)中華一元
クランペット
アジアンマーケット ガルラ
(12月15日掲載)パン屋 dodo