⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る


⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

房州びわ」復興へ、ネットで寄付募る 台風被害の南房総市ふるさと納税

「房州びわ」復興へ、ネットで寄付募る
台風被害の南房総市ふるさと納税



2020年8月15日朝日新聞朝刊千葉版より


昨年9月の台風15号で壊滅的な被害を受けた県の特産品「房州びわ」の産地復興を目指して、南房総市はふるさと納税を活用したガバメントクラウドファンディング(GCF)を始めた。1千万円を目標に、11月3日まで寄付を募る。
 
台風15号による強風で、市内では山の斜面に切り開いたビワ畑で多数の木が倒れたり、畑に通じる農道が倒木でふさがれたりして復旧作業に入れない事態が続出した。市内の被害額は推定5億3千万円に上る。
 
ビワ生産量は大きく落ち込み、今年は例年に比べるとハウス栽培が6〜7割、露地栽培が半分程度に減った。その影響で、1909(明治42)年に始まった「皇室献上」は今年、実現しなかった。
 

ビワ園地の再生には倒木処理を優先する必要があるとして、市は今年度一般会計当初予算に事業費1800万円を計上した。集まった寄付金は、倒木撤去に必要な作業を専門業者に委託したり、農家が重機をレンタルしたりした経費の補助金に活用する。また耕作放棄を防ぎ、ビワ園地を次世代に引き継ぐために園地の場所と栽培するビワの品種などを立体マップ化する費用などに充てる予定。



ふるさと納税を活用したクラウドファンディング



令和元年台風15号により被害を受け生産できなくなった、初夏の味覚「房州びわ」を復活させたい! 【南房総市】

●詳しくはこちら
https://www.furusato-tax.jp/gcf/878/


▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

(11月15日掲載)お菓子工房 バニーユ
(1月15日掲載)南欧風ビストラン アブリダンジュ
清本園 本店
プレセンテ
おうちカフェ 花楽里