⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る



⇒もっと見る

⇒もっと見る

Vol.69 観光施設休み相次ぐ 緊急事態宣言から一夜 県内感染者329人に ほか

朝日新聞 千葉総局発

記事に載らなかった「ウラ話」
「あの記事書いた」私のエピソード

観光施設休み相次ぐ 緊急事態宣言から一夜 県内感染者329人に
4月9日付千葉版
106人感染、初の3桁 1人死亡 県「重大な事態」
11月20日付千葉版


最多の感染者数を更新した12月10日、
注意を呼びかける森田健作知事


この表と感染者の記事に関して、多い日で10件近い電話を頂きます。朝日新聞で17年働いていますが、地方版に関し、これほど継続的に多くの電話を頂いたことはありません。

「感染者の住む○丁目まで書いて」「市町村の並びがわからない」「うちの市の公表数字と違うぞ」。多いのはこんなご意見です。
 
簡単に説明しますと、記者も「○丁目」まではわからないのが実情です。市町村の並びは色々悩み、国の表記にならいました。昔は北から並んでいましたが、市町村合併で狂いました。わかりにくいのですが、ほかに公式の並びがなく…。

自治体発表の感染者数とずれるのは、海外からの入国時に陽性が判明した人を差し引くルールを朝日新聞本社で導入したためです。全国の集計で重複しないようにするためです。

ただ、この影響で館山市の感染者が県や他紙は「1人」、朝日は「0」という時期があり、多くの指摘を頂きました。確かに0と1は大きく違います。善後策を考え中に、同市の数が積み上がってしまいました。
 
「表を毎日切り抜いて移動の参考にしているから、毎日載せて」。こんな電話を頂いたのは、感染が落ち着いた6月でした。ほかの記事が多く、感染者数を伝える記事のみ載せ、表を外した日のことです。以来、表を載せ続けています。
 
4月に最初の表を載せてから、想定を超えて感染は拡大しました。

11月19日、ついに新規感染者が3ケタに。表では、新規感染者数を丸数字で示していましたが、101以上の丸数字は実は朝日新聞の既存文字になく、緊急の作字で対応しました。累計は1万人にも迫ろうとしています。その場合、「10000」をどう表記するかも悩みどころになります。


最初の4月9日付紙面の感染者表。
累計だけの単純なものでした。




初めて3ケタとなった11月20日付紙面の感染者表。
「106」を緊急で作字しましたが、
「数字がつぶれて読みにくい」との声を頂き、その後改善しました。



▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

北京亭
ミルフィーユ
クルトの店
クランペット
清本園 本店