⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る



⇒もっと見る

⇒もっと見る

Vol.79 妊娠・出産を選手の選択肢に/ジェフ・大滝選手、練習続け復帰めざす

朝日新聞 千葉総局発

記事に載らなかった「ウラ話」
「あの記事書いた」私のエピソード



妊娠・出産を選手の選択肢に/ジェフ・大滝選手、練習続け復帰めざす
2021年9月29日付 朝刊 千葉版



国内初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」が開幕しました。千葉県を本拠とするジェフユナイテッド市原・千葉レディースの大滝麻未選手(32)が妊娠中で、出産後の現役復帰を目指していると知り、オンラインで取材しました。大滝選手の葛藤を聞きながら、頭に浮かんだのは、もう一人の女性アスリートの言葉でした。
《千葉総局の藤谷和広(ふじたに・かずひろ)記者より》
妊娠発表後、大滝選手が気になったのは、プロのアスリートとしてどう見られるか、ということだったといいます。

「給料をもらいながら一定期間抜けてしまうことに対して、同じチームの選手とかはどう思うのかなっていうのは一番不安でした」

これは裏を返せば、私たちが、アスリートをアスリートとしてしか見てこなかった、少なくとも本人たちはそう感じていた、ということなのではないか、と思いました。そして、「アスリートは何よりもまず、アスリートでなければならない」と自分を追い込んでしまっているのかもしれない、と。

「私はアスリートである前に、一人の黒人の女性です」



テニスの大坂なおみ選手の言葉です。人種差別に抗議し、昨年の全米オープンでは、白人による暴力の犠牲となった黒人の氏名が書かれたマスクを着用して試合に臨みました。

大坂選手は今年の全仏オープンでも問題提起をしました。「アスリートの心の健康状態が無視されている」として、出場選手に義務づけられている記者会見を拒否したのです。

アスリートである前に、一人の女性であり、人間である。大坂選手をめぐる報道や、大滝選手への取材を通して、この当たり前の認識を持つところからはじめないといけないと痛感しました。



大滝選手の葛藤は、プロのアスリートゆえの葛藤ではありますが、ありふれた悩みでもあります。

一般企業でも、周囲の目が気になって、出産を決めたり、育児休暇をとったりすることをためらってしまう人は多いのではないでしょうか。

「妊娠、出産が当たり前の選択肢になってほしい」
大滝選手のメッセージは、女子サッカー界だけに向けられたものでないと感じました。

大坂選手なら、こう言うかもしれません。
「あなたは社員である前に、人間です」






▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

Vege-Pal(ベジパル)
ミルフィーユ
自家製太打麺 勢拉
(9月15日掲載)ラ・バンビーナ
(12月15日掲載)パン屋 dodo